洗い方で変わる「すそわきが」の臭い

すそわきがについて悩んでいる女性は意外と多いものです。しかし、なかなか周りには相談しずらい内容なので、一人で悩んでいる方も多いです。

そんなすそわきが、普段の生活の中で、ちょっとしたことを気を付けることで、臭いを軽減することができます。まずは、トイレに行ったときのトイレットペーパーの拭き方です。

トイレでの拭き方で「すそわきが」の臭いが変わる

しっかりと拭いているようで拭けていない方が多く、尿などの臭いが残ったまま蒸れてしまい、臭いが増すことがあります。拭くときのコツは、ヒダ部分についている水分もしっかりと拭きとるように、押し付けてしっかりと吸い取るようにします。普段あまり拭き方を気にせず適当に拭いている方は、まずしっかりと拭くことを意識するようにします。

すそわきがを軽減させる洗い方

入浴イメージ

また、毎日お風呂やシャワーで洗っていると思いますが、その洗い方にもコツがあります。臭いを取りたいからとゴシゴシとしっかり洗う方が多いですが、あまりに強く洗ってしまうと必要な菌までとってしまいます。

石鹸で優しく洗う程度で十分です。また、おりものが多くその臭いが気になる、という方は、下着におりものが付いたままだと臭いも残りますので、オリモノシートを使うようにします。こまめにかえることで、清潔さを保ち、臭いを軽減させることができます。

匂い付きのオリモノシートもありますが、おりものの臭いとシートに付いている香りが混ざってしまうこともあるので、無香料のシートを選ぶ方も多いです。そして、おりものの量や臭いに悩んでいる人に注意してほしいとこは、正常のおりものなら問題ありませんが、カンジタなどになっている場合もあるということです。そのために臭いが強くなっていることもあります。

普段よりも臭いを強く感じたり、おりものの色が違う、痛みやかゆみがある場合は、放っておくことはせずに、婦人科を受診しましょう。受診することで疾患が見つかり、治療をすることですそわきがが解消されることもあります。

すそわきがは、自分が気にするほどには周りには臭っていない場合が多いので、気にし過ぎるのもよくありません。あまりに気にしすぎることでストレスが溜まり、ストレスから臭いが強くなる場合もあります。

もし周りの方に指摘されるくらいに臭いが強い方は、医療機関に相談することも対策の一つです。自己流で対策をしてもなかなか改善しない場合は、専門家の意見を取り入れることで改善されることもあります。

Continue Reading