デリケートゾーンの匂い(すそわきが)の匂いの苦悩について

すそわきがとは、デリケートゾーンの腋臭のことです。

すそわきがの誘因は、脇のケースと同じで、大汗腺から生じる汗のことです。

ワキガの場合には、玉葱やペンシルのコアの匂いに比喩されることが殆どなのですが、すそわきがのケースでは、特殊な匂いがあり、ベースはワキガと同種の臭いなのですが、こしけの臭いと混ざり合わさると、シーフード・熟成食品系の異臭を惹起する時もあります。

自己チェックの現象成果からも、自分はすそわきがだと断言できます。

黄ばんだ肝斑がアンダーウエアにつくし、とびきり多汗症ですし、思い切り今の交際者に匂うと注意されたからです。

大汗腺から生じる汗は、黄ばんだカラーです。こしけそのものにも色彩があるので、いちがいにすそわきがだと決め付けられないのですが、いつも黄ばんだシミがついており、匂いをクンクンすると腋臭の匂いがしますので、疑いないと感じ取っています。

すそわきがの注意点まとめ

すそわきがとは、アノニム「外陰部臭症」とも言われており、デリケートゾーン付近から腋臭症のような匂いがすることを言います。

バイ菌の温床となるデリケートゾーンの毛を脱毛することでバイ菌の増殖が抑制され、最終的に匂いを防止する効果が期待されます。

脱毛の図

脱毛をして「すそわきが」の悩みから開放されましょう。

絶対に脱毛が嫌な人は、デリケートゾーン専用のソープや石鹸に頼り、清白に保持しましょう。また、「オペ」も選ぶことができます。ネットではデリケートゾーンの匂い対策のクリーム が売られています。これらのケア法が最も安心感があり大好評です。

臭いを落とすこのに夢中になって、ソープでグシグシと強度に洗浄してはいけません。もしそうしたら匂いがきつくなる誘因の「腸内細菌」を抹消してしまいます。すると、皮膚のペーハーが正常な状況の弱酸性から弱アイソスピンに傾き、自浄作用が低減します。

すそわきがの手術

すそわきがの手術イメージ

施術の成功率は90%以上なことも多いです。そして最近では、施術のみでなく、超音波や電磁波・レーザー治療、ボトックス注射などの日帰りでできる施術も用意されています。

わきがの施術でファンダメンタルに「アポクリン腺」を取り除く方法が外科手術です。

その代表が「剪除法(せんじょほう)」です。皮膜を執刀するので、施術後は風呂に入れなかったり、上手に歩行できなかったりと短所が顕著です。また、ドクターによっては、アポクリン腺を上手く取り除けない場合もあります。すそわきがの惹起部位は大変デリケートな箇所なので、施術後の皮膜のダメージなどを思考し剪除法は今までは、行われて来ませんでした。

すそわきが対策グッズの情報まとめ

デオドラント製品

デリケートゾーン専用石鹸や抗菌・防臭機能がついているショーツ、コットンの抗菌・防臭ショーツ、柿渋やミョウバン、銀イオンなどが配合されているグッズなど。
すそわきがの対策グッズならデオドラント製品が最も有効です。消臭効果を持ったスプレーやクリームを塗布するのみで大丈夫です。

サプリ

アセッパーやプエラリア、ラポマインサプリ、チェストベリーの含有されているサプリメントなど。
通常、ボディに須要滋養を補う役割のサプリが多いですが、稀に体臭によく効くサプリもあります。

ソープ

愛肌ソープ、薬用柿渋石鹸エテルノ、ローズボディリフレッシュ、クリアネオボディソープなど。
すそわきがの匂いじゃなくてく垢汚れで匂いが惹起している際はソープできちんと洗浄することで匂いを殆どケアできます。

You may also like