「すそわきが」とは陰部からワキガの臭いがする症状

そもそも「すそわきが」とは何か、また何が原因なのかについてよく知らない方もいるのではないでしょうか。そこで、「すそわきが」と原因について解説していきます。

「すそわきが」とは、デリケートゾーン(陰部)からワキガの臭いがする症状です。厳密には膣部分からではなく陰毛部分から強い臭いが放たれます。

脇の下から強い臭いがする「ワキガ」は有名ですが、すそわきがという名前は初めて聞いたと言う方も中にはいるかもしれませんね。

すそわきがの臭いは「アポクリン汗腺」が原因

「すそわきが」は「ワキガ」と同じ仕組みで症状が出ます。そもそも「ワキガ」とは、脇の皮膚の下にあるアポクリン汗腺というワキガ臭の元となる分泌液を出す汗腺が原因で起こります。

アポクリン汗腺

このアポクリン汗腺は脇以外に乳輪や臍、そして陰部(特に陰毛の下)の皮膚下に存在すると言われています。

「すそわきが」もそのアポクリン汗腺が出す分泌液によって、あの独特な臭いが出てしまうのです。アポクリン汗腺から出た分泌液は汗と混じり皮膚面に出てくると、皮脂や汗に含まれるアンモニアなどが作用して、雑菌が繁殖し、強い臭いを放ちます。

「すそわきが」の臭いが、生理時期や暑い日に酷くなると言われているのはこれが原因です。雑菌は湿度が高いと活発になるので、汗をかくとそこからどんどん増殖していきます。雑菌にとってはとても快適な環境と言えるのです。

その為、デリケートゾーンがジメジメしている状況を放置しているとその分臭いも強くなってしまいます。それを避ける為にも、なるべく清潔で乾いた状態にしてあげなくてはいけません。

臭いが気になる場合は、ウェットティッシュなどでこまめに拭く様にするだけでも臭いが改善されます。また、下着の方に臭いが移ってしまう場合もあるので、替えの下着を持ち歩くのも良いです。汗をかいたら履き替えるようにしましょう。

先程、「すそわきが」の改善策として「陰部を清潔に保つ必要がある」と話しましたが、「すそわきが」は不潔にしているからなる、と言うものではありません。

上で何度も述べていますが「すそわきが」はアポクリン汗腺が活発に働いているかによって症状の有無があります。

アポクリン汗腺は遺伝すると考えられており、方親がワキガだとその子供も50%の確率でワキガになると言われているのです。また両親ともワキガだった場合、子供に遺伝する率75%に上がります。これはもちろん「すそわきが」にも関係します。

You may also like